小学生のいる暮らし

息子が小学生になって、1ヶ月が過ぎました。
すごーく張り切っいて、たいぶ安心して毎日送り出せる
ようになってきました。

週の半分は、自宅へ帰り、半分は学童保育へ行く息子。
私は、毎日自宅まで頑張って歩いて帰ってほしい!という
気持ちが強いですが、学童保育へ行く子が多いこともあって、
息子は、学童保育へも行きたいようです。
なので、今のところ、半分半分にしています。

息子が自宅へ帰る日は、私も仕事を早めに切り上げて、
近くまで迎えに出るようにしています。
そして、宿題を一緒にして、娘のお迎えの時間まで、
夕食の支度をしたり、短時間だけど、とってもいい時間。
学童保育の日は、仕事が終わったら、息子と娘を順番に
お迎えに行って、帰ってから、バタバタと家事をします。

一番、変わってきたのが、起きる時間と寝る時間が早まったこと。
それによって、生活に少し、ゆとりの時間が生まれました。
息子が小学生になって、私も慣れないことも多く、忙しいなぁ・・・って
思うことも多いけど、慣れてくると、なかなかいいものです。








保育所時代と違って、不安に思うのは、
先生との繋がりが、あまり感じられないこと。

きっと、それが当たり前なんだけど、毎日保育所では先生と
直接会って、話ができたり、心配なことは相談が
できました。
それが、ないんですよねー。
なんとなく、先生に会いたいです。笑
今のところ、何の心配もないですが、なんとなく。

連絡帳のやり取りで、日々の様子を教えてくださるので、
ありがたいですが、連絡帳も、用事があるときだけ書くって
お母さんもおられて、私はついつい、用事もないのに
書いてしまって・・・・。慣れません。汗
みんな、どうしてるのかなー?なんて思ってしまいます。

もう少ししたら、家庭訪問。
すごーく楽しみです^^

2歳7ヶ月になる娘は、お兄ちゃんの筆箱の中身が毎日気になり、
自分が鉛筆を削ってあげる!ってお兄ちゃんの準備の邪魔ばかり
しています。笑
保育所でも、下の子の人数が増えてきたので、少しはお姉ちゃん
らしくなってもいいのに・・・と思うのですが、これが全くで・・・。
本当に、相変わらず甘えんぼで、困ったものですよ。

[PR]
by cocoa-ss | 2008-05-13 00:00 | 暮らし


<< 小花柄で・・・ しあわせ >>